Saint Jordy Flowers The Decorator

この季節ならではの装飾

2018.11.19

皆様、こんにちは。

いつもブログを御覧頂きまして、ありがとうございます。

SAINT JORDI FLOWERS THE DECORATORA神戸店 太田です。

 

肌寒い日々が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

街中も徐々に冬の装いへと変化を見せている中

体調管理の難しい時期にもなって来ていますので、どうぞご自愛くださいませ。

 

さて、今回お話しさせて頂きますのは、

「季節を感じさせる装飾」についてです。

 

挙式会場、挙式日をお決めになったお日にち。

 

『結婚式をこの日に』とお選びになったその日は、

これから先のお二人にとって、新たな記念日として刻まれる一日となります。

 

そんな大切な一日を、お花を通して

お手伝いさせて頂けることを、私どもは大変幸せに感じております。

 

お二人の特別な結婚式の一日、

より鮮明に記憶に残るものにする為にも

会場装花に、挙式をされたその時期の「季節」を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

今日は、「秋」の季節ならではの会場装花

お二人やゲストの皆様に感じて頂ける装花をご紹介致します。

 

こちらはゲストの皆様のお席、ゲストテーブルです。

パフェグラスにお水を濯ぎ、その中に

鮮やかに紅葉し見頃を迎えたドウダンツツジを飾っています。

 

ダイナミックで存在感があり

会場全体を包み込んでくれる装飾です。

 

そして紅葉の葉を用いることによって

秋の時期にしか見ることの出来ない、鮮やかな色を楽しむことが出来ます。

 

 

お二人の大切な一日、その季節を会場に取り入れることによって

毎年その時期がやって来る度に、

懐かしい気持ちと温かな気持ち

そしてその一日の思い出を色鮮やかに思い起こさせてくれることでしょう。

 

特別な一日を、季節を織り交ぜながら

お二人ならではの空間として彩ってみてはいかがでしょうか。

ぜひ御気軽にご相談ください。

 

太田

PAGE TOP